薬と健康の週間

薬の正しい使い方

1 添付文書などを必ず読みましょう。

 添付文書などには、用法・用量、効能・効果などのほか、使用上の注意、副作用が記載してあります。必ずよく読んでから使用する習慣を身につけましょう。

2 用法・用量を正しく守りましょう。

 薬の効き目は、使用量と深い関係があります。ある量以下では効き目が現れないし、ある量以外ではかえって有害な効き目を生ずるおそれがあります。
 定められたとおりの用法・用量を守りましょう。

3 服用時間を守りましょう。

 薬は、それぞれ定められた時間に飲まないと効き目がなかったり、副作用を生じることがあります。  薬の服用についての指示のうち、食前、食後、食間とは次のようなことをいいます。

食前 胃の中に食べ物が入っていないとき。
食前1時間〜30分
食後 胃の中に食べ物が入っているとき。
食後30分以内
食間 食事と食事の間のこと。
食事中に服用するということではありません。
例えば、 朝食と昼食の間

飲み忘れた場合
 ・決められた時間からあまり時間がたっていなければ気づいたときに飲みましょう。
 ・次の服用時間に近い場合は、飲み忘れた分は抜かしましょう。
 なお、薬によって異なりますので、詳しくは薬剤師にお尋ねください。

4 服用時の注意を守りましょう。

 副作用の発生を防いだり、薬の効き目を正しく発揮させるために多種多様の剤形があります。
 錠剤、カプセル剤などを服用するときは次のような注意を守りましょう。

錠 剤
カプセル剤

カプセル

胃では溶けず、腸ではじめて溶けて効くようにつくられたものがあります。
コップ1杯程度の水またはぬるま湯で服用しましょう。
乳幼児には原則として使用してはいけません。
※チュアブル錠や舌下錠などは、服用方法が違いますので、注意が必要です。
チュアブル錠…噛みながら口の中で、溶かして用います。
舌下錠…舌下部に挿入してゆっくり溶かし、口の粘膜から吸収させます。

乳幼児には原則として使用してはいけません。

散 剤
顆粒剤
顆粒
薬を粉末状にしたものです。粒状に加工したものが顆粒剤です。
水またはぬるま湯と一緒に服用しましょう。苦みがある場合は、オブラートに包むと飲みやすいでしょう。ただし、生薬配合のように苦みが胃の働きを高めるなど、そのまま服用したほうが、効果を得られるものもあります。
徐々に溶けるように加工されているものが、ありますので、噛みくだかずに服用しましょう。
液 剤
液剤
主成分が沈んでいたりしますので、よく振ってから飲みましょう。 薬を汚染する原因となるので、瓶に直接口をつけたり、飲むときに使ったスプーンを薬の入った容器に入れてはいけません。
また、目薬の容器の口を直接目につけてはいけません。
貼付剤
貼付剤
痛みやこりがあるところに、しわがよらないように貼付しましょう。また、汗などの水分があるとはがれやすくなる場合があります。よく拭き取ってから貼付しましょう。
坐 剤
坐剤
肛門から挿入します。入りにくい、出てくるなどの場合は、肛門にワセリンやクリームなどを少量塗って、滑りを良くしてから、指の第一関節くらいまで、押し込みましょう。

5 併用をさけましょう。

 薬を併用すると、お互いの作用が弱くなったり、強くなったりして期待する効果が得られないことがあります。
 また、思わぬ副作用が現れたり、正確な診療の妨げになることがあります。 また、思わぬ副作用が現れたり、正確な診療の妨げになることがあります。
 特に医師の指示で薬を使用しているときには、医師の了解を得ないで他の薬を使用してはいけません。