薬と健康の週間

一般用医薬品について

 一般用医薬品は、処方せんがなくとも薬局や薬店(ドラッグストア)で買える身近なお薬です。
一般用医薬品を安全に利用できるように販売ルールが設けられています(薬事法)。平成26年6月12日からこの販売ルールが見直され、医薬品の分類、販売方法が変わり、インターネットでの販売・購入ができるようになりました。
 医薬品の効果を十分に発揮させるには、症状にあった薬、適切な用法・用量、他に飲んでいるお薬との相性など、様々なことを考えて使うことが大切です。もし、適切でない使い方をした場合、薬の効果が十分に発揮できないばかりか副作用を起こす可能性もあります。
 医薬品を購入する際は、薬の専門家(薬剤師・登録販売者)へお気軽にご相談ください。

1 医薬品の分類と販売方法

○平成26年6月12日以前
医薬品 薬局医薬品 医療用医薬品(処方薬)…対面販売 処方せん医薬品
処方せん医薬品以外の医療用医薬品
薬局製造販売医薬品(薬局製剤)…対面販売
一般用医薬品 第一類医薬品…対面販売
第二類医薬品…対面販売
第三類医薬品…インターネット販売可

○平成26年6月12日以降

医薬品 薬局医薬品 医療用医薬品(処方薬)…対面販売 処方せん医薬品
処方せん医薬品以外の医療用医薬品
薬局製造販売医薬品(薬局製剤)…インターネット販売可
                ※毒薬・劇薬を除く。
要指導医薬品…対面販売
一般用医薬品 第一類医薬品…インターネット販売可
第二類医薬品…インターネット販売可
第三類医薬品…インターネット販売可

2 リスクの程度に応じた情報提供と相談体制

リスク分類
対応する
専門家
情報提供
相 談
要指導
医薬品
副作用等により日常生活に支障をきたす程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうち、その使用に関して特に注意が必要で、新しく市販された成分等を含むもの
薬剤師
書面を用いて、適正使用のために必要な情報提供を行わなければならない。
義 務
第1類
医薬品
副作用等により日常生活に支障をきたす程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうち、その使用に関し特に注意が必要なもの(要指導医薬品を除く)
例)H2ブロッカーを含む一部の胃薬、毛髪用薬など
第2類
医薬品

副作用等により日常生活に支障をきたす程度の健康被害が生ずるおそれがあるもの
例)かぜ薬、解熱鎮痛薬、胃腸薬など

薬剤師
または
登録販売者
適正使用のために必要な情報提供に努めなければならない。
※指定第2類
医薬品
第2類医薬品のうち、特に注意を要する成分を含むもの
第3類
医薬品
要指導医薬品、第1類、第2類以外のもの
例)ビタミン剤、整腸薬等
不 要

3 適切な情報提供および相談対応のための環境づくり

●商品の外箱等へリスク分類の表示

 購入者にとって、リスクの程度が容易にわかるように、外箱や直接の容器等に表示しています。

●名札での専門家等の区別

 購入者からみて誰が薬剤師・登録販売者・一般従事者か判別できるように、名札を着用しています。

名札

●店舗での掲示・陳列方法

 薬局・ドラッグストア等の店頭では、取扱う医薬品の種類や店舗にいる専門家(薬剤師・登録販売者)の氏名、相談できる時間帯などを掲示しています。
 リスク分類ごとに陳列をし、要指導医薬品、第1類医薬品は購入者が直接手に取れないところへ陳列します。

■登録販売者って???

 登録販売者は薬剤師ではありませんが、都道府県知事の行う資質確認のための試験(登録販売者試験)に合格し、登録を受けた一般用医薬品に関する専門家です。
薬剤師でなくとも、第1類以外の一般用医薬品の販売と情報提供を行うことが認められています。

4 インターネットでの販売・購入する際の注意点

●インターネット販売ができる条件
 @薬事法により、薬局または店舗販売業の許可を受けている実店舗を持つ薬局・薬店であること。
 A実店舗は週30時間以上開店していること。
 B実店舗は、購入者の見やすい場所に店舗名などの標識があること、購入者が容易に出入りできる
  構造であることなど、薬事法の基準を満たしていること。
 C薬剤師または登録販売者が常時、配置されていること。
 Dインターネットで販売できる医薬品は、実店舗に貯蔵・陳列している医薬品であること。
 Eインターネットのほかに、対面や電話での相談体制を整備していること。  など

●適切な情報提供・販売のためのルール
 @購入者が情報提供の内容を理解した旨を確認をすること。
 A購入者に再質問がない旨を確認すること。
 B妊娠中など薬の服用に注意が必要な場合を提示・表示をすること。
 C指定第2類について、禁忌の確認を促すための掲示・表示をすること。
 C乱用などのおそれのある医薬品(かぜ薬や咳止めなど)は販売個数を制限すること。
 D使用期限を表示すること、使用期限切れの医薬品の販売は禁止
 Eオークション形式での販売は禁止
 F購入者によるレビューやクチコミ、レコメンド(推薦)は禁止
 ※実店舗での販売も同じルールが適用されます。

●購入方法
 一般用医薬品をインターネットで購入する際も、実店舗と同じように、薬剤師や登録販売者が情報提供、相談に応じることが義務づけられています。
 @使用者の状態等の確認
  ・性別、年齢
  ・症状
  ・副作用の有無やその内容
  ・持病の有無やその内容
  ・医療機関の受診の有無やその内容
  ・妊娠中あるいは授乳中であるか否か
  ・その他気になる事項(自由記載) など
 A使用者の状態等に応じた個別の情報提供等
  ・購入する医薬品の用法・用量
  ・服用上の留意点(飲み方や長期に使用しないことなど)
  ・服用後、注意すべき事項
   (○○の症状が現れた場合は使用を中止し、医師や薬剤師に相談することなど)
  ・再質問・相談の有無 など
 B提供された情報を理解した旨等の連絡
  ・提供された情報を理解した旨
  ・再質問・他の相談はない旨
   ※再質問がある場合は、専門家から購入者に回答の上、再質問の有無を再度確認。
 C販売(商品の発送)

●注意点
 インターネット上には、一般用医薬品の販売許可を得ていない違法な販売サイトや薬事法による安全性が確認されていない海外医薬品や偽造医薬品を販売しているサイトもあります。
 医薬品は、健康や生命にかかわるものですから、販売サイトに次の事項が掲載されているか確認し、安心できる販売サイトから購入するようにしましょう。
 ・店舗の正式名称、住所
 ・店舗の開設者、所管自治体などの許可証の内容
 ・相談用の連絡先
 ・実店舗の写真
 ・勤務中の薬剤師・登録販売者の氏名
 ・医薬品の写真、使用期限
 なお、厚生労働省ホームページに一般用医薬品販売のサイト一覧が掲載されていますので、購入しようとしている販売サイト(店舗)が掲載されているか確認をしましょう。