薬と健康の週間

お薬手帳を持ちましょう!

くすリス『お薬手帳』は、あなたが今までに医療機関を受診して処方されたお薬の情報や過去に経験した副作用などの症状などを継続的に記録するための手帳です。
 病院等を受診した時に医師へ、薬局に処方せんをだす際に薬剤師へ提示してください。
 外出する際は、保険証と一緒に携帯しましょう。

お薬手帳はこんな時、役に立ちます!

1 外出時や旅先で、緊急に医療機関にかかる時や災害にあった時などでも、いつものお薬がにわかります。

2 薬の重複、飲み合わせを確認できます。

 2つ以上の医療機関(例:内科と整形外科)にかっかている場合など、お薬手帳があれば、今飲んでいる薬と同じ成分がないか、また、飲み合わせはどうかなど、薬剤師や医師が確認することで、お薬を安心して飲むことができます。
 また、薬局やドラッグストア等で一般用医薬品を購入する場合も、お薬手帳を薬剤師にみせれば、今飲んでいる薬との飲み合わせなどを確認できます。

3 アレルギー歴、副作用がわかります。

 食べ物でアレルギーのある場合やお薬で副作用が出たことのあるお薬の名前などが書いてあれば、副作用の未然防止に役立ちます。

4 病院や薬局間で、お薬の情報を共有できます。

 薬を飲んでいて気になることがあった場合など、お薬手帳に記録し、診察時やお薬をもらう際に、医師・歯科医師・薬剤師にみせれば、より速やかに情報が伝わります。

お薬手帳にはどんなことを書けばいいの?

1.薬剤師または医師が記入すること

・薬を処方した医療機関
・医師名
・処方日
・調剤日
・調剤した薬局
・薬剤師名
・処方された医薬品名、飲み方、日数、薬の注意など。

※自分で記入しても、もちろんいいのですが、薬品名や規格などまぎらわしいものもありますので、薬剤師に記入してもらうといいでしょう。

2.ご自分で記入していただきたいこと

・名前、住所、生年月日
・副作用がでた薬の名前と症状や食物アレルギー
・いつも飲んでいる常備薬や健康食品、サプリメントなど
・薬を飲んで気になることや薬剤師、医師に質問したいこと