薬と健康の週間

一般用医薬品販売制度について

 自分にあった一般用医薬品を安心して購入し、使っていただくために、リスクを最小限に抑え、効き目が最大限に発揮できるよう、医薬品のリスクの程度に応じた専門家(薬剤師・登録販売者)によるアドバイスなど次のような一般用医薬品の販売制度改正が平成21年6月1日から施行されました。

・一般用医薬品のリスク区分(第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品)
・購入時の専門家による情報提供
・リスク区分に関する外箱等の表示
・医薬品の陳列方法
・店舗における販売体制
・店舗における掲示事項
・通信販売に関する規定の整備

1 リスクの程度に応じた情報提供と相談体制

リスク分類
対応する
専門家
情報提供
相 談
第1類
医薬品
特にリスクが高いもの
一般用医薬品としての使用経験が少ない等、安全性上特に注意を要する成分を含むもの
例)H2ブロッカー含有薬、一部の毛髪用薬等
薬剤師
書面を用いて、適正使用のために必要な情報提供を行わなければならない。
義 務
第2類
医薬品

リスクが比較的高いもの
まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの
例)主なかぜ薬、解熱鎮痛薬、胃腸薬、鎮痛鎮けい薬等

薬剤師
または
登録販売者
適正使用のために必要な情報提供に努めなければならない。
※指定第2類
医薬品
第2類医薬品のうち、特に注意を要する成分を含むもの
第3類
医薬品
リスクが比較的低いもの
日常生活に支障を来たす程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれのある成分を含むもの
例)ビタミンB・C含有保健薬、整腸薬、消化薬等
不 要

2 適切な情報提供および相談対応のための環境づくり

●商品の外箱等へリスク分類の表示

 購入者にとって、リスクの程度が容易にわかるように、外箱や直接の容器等に表示されます。

●名札での専門家等の区別

 購入者からみて誰が薬剤師・登録販売者・一般従事者か判別できるように、名札を着用します。

名札

●店舗での掲示・陳列方法

 薬局・ドラッグストア等の店頭では、取扱う医薬品の種類や店舗にいる専門家(薬剤師・登録販売者)の氏名、相談できる時間帯などが掲示されます。※経過措置期間があるため、一部掲示のない場合があります。
 リスク分類ごとに陳列をし、第1類医薬品は購入者が直接手に取れないところへ陳列します。

■登録販売者って???

 登録販売者は薬剤師ではありませんが、都道府県知事の行う資質確認のための試験(登録販売者試験)に合格し、登録を受けた一般用医薬品に関する専門家です。
 薬剤師でなくとも、第1類以外の一般用医薬品の販売と情報提供を行うことが認められています。