現在、すべての輸血用血液は国内の献血で確保されており、輸血に必要な新鮮な血液を常に十分確保しておかなければなりません。科学が進歩した現在でも、血液を人工的に造ることができません。また、血液は生きた細胞ですので、長期保存することができません。そのため、皆さんひとり一人の献血に対するご理解とご協力が必要となります。安全性の高い血液確保のために、成分献血と400mL献血にご協力ください。
献血の種類と基準
  全血献血 成分献血
200mL献血 400mL献血 血漿成分献血 血小板成分献血
1回献血量 200mL 400mL 300mL〜600mL
(体重別)
400mL以下
年齢 16〜69歳※ 男性:17〜69歳※
女性:18〜69歳※
18〜69歳※ 男性:18〜69歳
女性:18〜54歳
体重 男性:45kg以上
女性:40kg以上
50kg以上 男性:45kg以上
女性:40kg以上
男性:45kg以上
女性:40kg以上
血圧

90mmHg以上

血色素量 男性:12.5g/dL以上
女性:12g/dL以上

男性:13g/dL以上
女性:12.5g/dL以上

12g/dL以上
(赤血球指数が標準域にある女性は11.5g/dL以上)
12g/dL以上
血小板数 15万μL以上
60万μL以下
年間献血回数 男性6回以内
女性4回以内
男性3回以内
女性2回以内
血漿・血小板献血合わせて24回以内
(血小板献血は1回を2回分に換算する)
年間総献血量 男性1,200mL以内
女性800mL以内

※献血年齢が69歳までですが、65歳以上の献血については、60〜64歳までの間に献血にご協力いた
だいた方に限ります。

次のような場合、ご本人の安全のため献血をご遠慮いただいております。

・妊娠中、または出産・早流産後6ヶ月を経過していない場合
 (母乳により授乳中の方は出産後1年間)
・薬を服用している場合、薬の種類・症状・健康状態によってご遠慮いただく場合があります。
・体温が37℃以上の場合。
・献血により悪化するおそれがある循環系疾患、血液疾患、その他の疾患にかかっている場合。
・エイズ、肝炎などのウィルス保有者。
・輸血歴のある場合。
・ピアスをしている場合、医療機関で開けた場合は1ヶ月。
 安全ピンや針を使って開けた場合は1年間。
・イレズミをしている場合、1年間。


※資料:日本赤十字社